現代の霊園に至るまでの日本のお墓の歴史

現代では霊園にお墓を建てる事が主流になっていますが、そもそもお墓は日本の歴史とも関係が深く、お墓の存在は原始時代からあったと言われています。
日本の現代の霊園にあたる古代のお墓とはどのようなものがあったのでしょうか。

■原始時代のお墓

日本でのお墓の歴史は旧石器時代まで遡ると言われています。
地面に穴を掘って遺体を埋めただけの簡単な方法から始まったとされています。
遺体を地面に埋めることにより、何等かの意味を持っていたのかもしれません。

■縄文時代のお墓

縄文時代になると、お墓は現代の霊園の原型とも言えるような形態となり、集落のメインストリートの両脇に埋葬スペースを作ったと言われています。
死者をずっと身近に感じられるよう自分たちと共に生きると言う考え方があったようです。
この頃はまだ個人のお墓としての役割は持たず、集落の中の埋葬地と言う感覚だったようです。

■弥生時代のお墓

弥生時代になると、身分の違いによって埋葬方法にも変化が見られるようになってきます。
身分の高い人は副葬品と共に簡素な棺に納められ盛り土をした場所に埋葬されるようになったそうです。
一般の庶民も棺に入れて遺骨を納めるようになったと言われています。
nhioptd
このように現代の霊園の原型の時代は古くからあった事が分かります。
時代と共に個人のお墓としての価値や存在が確立していった事が良く分かります。
現代の霊園はこのような歴史をたどり、現在のスタイルに変化していったのだと思います。
霊園で近年増えてきているスタイルには芝生型墓地と言う物があります。
霊園もどんどん進化を遂げており、従来の暗いイメージのような墓地と言うのはほとんどなくなってきているようです。
今後開発されて行くであろう霊園はこうした明るいイメージの霊園が増えていくのかもしれません。

■芝生型墓地とは

霊園内は芝生が敷き詰められており、その芝生の敷地内に納骨室が埋めてあるような平面の墓地で、どちらかと言うと欧米型に近い、欧米では主流になっている形態の墓地です。
芝生が敷き詰められた霊園内は広々としており、開放的な雰囲気がある事が特徴的で、日本の従来の暗く怖い墓地のようなイメージはありません。
日本の伝統的な墓地とイメージが違うので、抵抗を感じると言う方もまだまだ多いそうですが、徐々に浸透しつつあるという墓地のスタイルです。
最近の墓地ではこの芝生型墓地を併設している霊園も増えてきていると言われています。

■墓地のイメージは変わりつつある

霊園はそもそもは墓地の新しい形と言う印象がありましたが、近年では明るくて華やかなイメージの霊園が増えてきていると思います。霊園をお探しの方、【首都圏最大級の霊園・墓地情報サイト】私たちが霊園選びをサポートしますので、気軽にお問い合わせください。
園内には前述したような芝生型墓地が併設されたり、花々が咲き乱れていたり、良く手入れのされた植木等も目立つようになったと思います。
従来の暗い悲しいイメージから、お墓参りに行きやすく、明るいイメージになってきていると言っても過言ではないでしょう。
今後の霊園の開発もこのようなイメージが引き継がれると良いと思います。

新着情報

◆2015/06/23
現代の霊園に至るまでの日本のお墓の歴史の情報を更新しました。
◆2015/06/23
管理者情報の情報を更新しました。
◆2015/06/23
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/05/21
霊園が決まったら墓石工事を行いますの情報を更新しました。
◆2015/05/21
霊園における個人墓と家墓の関係性の情報を更新しました。